Protoolsの操作 〜上級編

今回はProTools〜上級編〜として

・ストリップサイレンス

・オートメーション

・プラグインのつまみに対してのオートメーション

を解説していきたいと思います。

ストリップサイレンス

 

この機能は、リージョン内にある小さなノイズや無音部分を一括でカットすることができます。
この機能は メニューバーの編集→ストリップサイレンスをクリック(command+U)することによって使用可能です。

各ツマミを解説します。

 

ストリップスレッショルド…どのくらいの大きさまでの波形を無音やノイズと判定するかを設定します。

最小ストリップ時間…波形の中にも細かい無音部分があります、あまり細かい無音までカットしてしまうと不自然な音になるのでここで無音、ノイズと判定する長さを設定します。

クリップスタートパッド…カットする部分の頭に少しの間を持たせます。ここを設定しておかないとボーカルのブレスなどまでカットしてしまう場合があるので気を付けましょう。

クリップエンドパッド…カットする部分の尻に少しの間を持たせます。フェードアウトしているような波形の部分が、無音やノイズと判定される場合があるので気を付けましょう。


このようになります。

 

オートメーション

 

クオリティーの高い作品を作るためにオートメーションは避けては通れません。
ここでオートメーションの書き方を解説していきます。
まずオートメーションを書きたいトラックの左下の三角形の部分をクリックします。

ペンシルツールを選択します。

これでオートメーションを書くことができます。

オートメーションのトラックの左にある+をクリックすることで複数の項目のオートメーションを同時に表示させることができます。

そのほかにもペンシルツールの部分を右クリックすることによって、たくさんの機能を使用することができます。

三角形

正方形

ランダム

 

プラグインのつまみに対してオートメーションを書くことも可能

 


プラグイン画面の上部にあるAUTOの下の部分をクリックすることによって下のような画面を表示させます。

ここで操作したいつまみを選択し、追加をクリックすることで設定可能です。
設定すると、そのプラグインがインサートされているトラックで選択することができます。

他にも再生しながら実際につまみやフェーダーを操作してオートメーションを書く方法あります。

トラックのAUTOの部分はデフォルト状態ではreadになっていますが、それをlatch,touch,writeにすることで再生中に操作した内容をオートメーションとして記録する状態になります。

off…選択すると書かれているオートメーションを反映させない設定となります。
read…文字通り書かれているオートメーションを反映させる設定です。
touch…クリックして操作している間のみオートメーションが書き込まれます。
latch…クリックして操作され始めたらそれ以降オートメーションが書き込まれます。
write…再生した瞬間からオートメーションが書き込まれます。

 

慣れるまでは思うように操作できなかったりするかもしれませんが、一度慣れてしまえばサクサクできるようになるのでどんどん挑戦していきましょう。

関連記事